Craft Work

手加工の強み

機械だけでは難しいどんなご要望も
楽しんでトライさせていただきます!

私たちのもとには、大量生産専門の工場や機械のみでは叶わなかった
「もう少しだけこうしたい」というご要望や
小ロットでのご注文をいただくことも多く、
設計を構築するところから手作業での仕上げまで
一つ一つの作品とまっすぐに向き合っています。
ぜひ一度ご相談ください!


 

topB

Trial Products

試作実績

trial_01.png

カーボン用編み針(ロケットの噴射口向け)

Story
試作品

ロケットの噴射口に使用するためのカーボンがあり、その繊維を編むための針です。
以前 ヨーロッパで製作されていたのですが折れやすさを改善したいとのことで、弊社に相談をいただきました。
何社にも製造を断られた案件だったとのこと。
全てを機械加工で行うことは困難と判断し、
❶ワイヤーカット→1本毎の手加工による製作が妥当と判断。
❷弊社にてワイヤーカットの形状設計→協力会社様によるワイヤーカット加工
❸手加工(曲げ・切削・研磨)により、ユーザー様の希望する針が完成しました。


 

Process
01_process-1_edited.jpg

右側が設計図を基にした、ワイヤーを使った模型
 

01_process-2_edited.jpg

最も重要な最終調整はすべて手作業。
 

trial_02.png

特殊織機用ウエフトニードル

Story
単品加工

特殊な織機で使用されるための先端部品です。
2mmと0.9mmの線材をロウ付けにより組み合わせた針となり
手作業メインで2本の針を組み合わせるため、
様々な治具を作り、安定した品質を保つことを第一に考えました。

 

Close Up
02_up-1
02_up-2_edited.jpg
trial_03.png

手芸用スプリング針

Story
特注 針

お客様からの「素人でも刺繍が簡単にできる針」が欲しいとの要望から開発がスタート。
従来のアパレル繊維用編み針をベースに試作を重ね
「生地を突き抜くための先端加工」
「針のラッチ内部にバネを入れる」という課題をクリアするため、試作と検証を繰り返す。
刺繍の際、バネが外れやすいことに苦戦しましたが、バネの形状を工夫することで改善。
バネは協力会社様により製造いただきました。
何度かの試作を繰り返し、製品化へとたどり着くことができました。

Process
03_process-1_edited.jpg

刺繍中に飛んでしまわないようにU字にしたバネ

03_process-2_edited.jpg

バネを入れる細かい作業はまさに職人技